読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rosie Sweetie

2009年から屋上で育てているバラ、クレマ、クリロなど

タブレットでチャレンジ

LCL ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール

怪獣は公文3教科をはじめたので

毎回宿題が山のよう

おかげで毎日必ず学習する習慣がついたので それだけで御の字

算数の文章題がどうしても弱い公文ですが そこは学校の勉強の進度に合わせて

フォローしていかねばです

 

で、公文を始めるまで、小1からベネッセの通信教育「ちゃれんじ」をやってきました

とにかく付録が多いのが子どもには魅力的なのと、赤ペン先生に出すテストの結果が良いと

シールがもらえて、それをおもちゃなどに交換できるシステムも子どもを誘導するには効力があります

それに、長期休暇や毎日行く学童での学習の時間にやらせる課題としてもよいので

続けてきました

娘も入会していたのですが、全然続かずでした

なぜか怪獣はおもちゃほしさ?にとにかく頑張り続けます

しかし、さすがに公文の宿題がつらくて涙目なので・・・・

タブレット型」に変えました  紙ベースの学習から

 

賛否両論だと思いますが 我が家は 大当たり

何せ、回答するとすぐ丸付けをシステムがしてくれる

毎月の課題は、ダウンロードすればいいだけだし、進度もメールでお知らせしてくれる

オプションで、紙芝居があったり、九九なのにロールプレイゲームみたいに攻略していけたりして

怪獣はやり始めると止まらない位 1度に進めてしまいます

弱点と言えば、進めすぎてすぐ終わってしまいそうなところ

前の紙ベースのときよりも、かなり集中して取り組みます

1IMG_0060.JPG

 

帰宅して夕食を作っているときにやるので

分からなかったり、丸付けをするたびにキッチンを離れたりするのが大変でしたが

今は丸付けも自動です 「すごいね! ちゃんとできたね」なんてコラショが言うものだから

怪獣もガッツポーズ決めながら次に進めるというわけです 

 

漢字も、今までは書きなぐって終わらせればいい的でしたが

今は、タブレット用のペンでありながら、結構詳細に書けるので、お手本と違ったりするのが

クリアにわかります

1IMG_0061.JPG

 

わたしは個人的にタブレットは正解でした

時間がないお宅や、子供が一人で進めることがスキな子には向いているかもしれません

 

そして、このタブレット

わたしのスマホにメールもできます^^

帰りのバスで「きょうのごはんはなんですか?」とメールがきたり楽しいです

 

我が家はもう少しタブレットで様子を見てみますよ~

 

ルージュピエール、咲いて~

1IMG_6917.JPG 

 

備考:

ついに公文の英語は筆記に入りましたが、一番私が推したい「e-Pencil」での音読は継続です。

英語が話せるようになる一番のキーは、「毎日英語に触れること」以外にありません。

しかも、ネイティブであること、さらに、反復すること。この3点を公文の英語は網羅しています。 

怪獣、がんばって~~~^^