Rosie Sweetie

2009年から屋上で育てているバラ、クレマ、クリロなど

おてしょ

おてしょ の話です

実家に帰った時に、母とこの話になりました

母は新潟出身の人なので 方言かと思いましたが

広辞苑にもあるきちんとした言葉だったことに驚きです

御手塩という漢字もあるのですが、手塩皿という小さな皿のことをいうようです

 

 


母の姉は、もう80歳をとっくに過ぎている女性ですが

 

先日オフィス近くまで遊びに来たときに会いましたけれど

到底80歳とは思えないような シャキっとした女性

髪の毛は旅館の女将のようにきれいにしており、服装も田舎暮らしとは思えない

上質な服を着ています

意見をはっきり言う人なので お嫁さんがいたら大変でしょうけれどね

あこがれの伯母です 

 


その伯母が実家に来たときに

 

おてしょ の話をしたらしいのです

その伯母、お料理はプロ級に上手なうえ 皿選びから盛り付けまですばらしいと

母には、それではダメ、そこはこう、と指示が飛ぶらしく とても一緒にお台所には立てないらしいです 笑

厳しい伯母ではありますが、父はそんな伯母が作る料理と、お皿への美しい盛り付けに感動しておりました

 

とても真似はできませんが

1つ母からも教えられました

それは

 



きちんとした おてしょ を使うことは

 

子どもの教育に(とくに女の子)とても大事なこと

男の子にだって大事ですよ

自分の家でどんな風にお皿が使われていたのかというのは

普段から経験として身につくわけですから

要するに、お皿なら何でも良いと

お椀でごはんを食べることのないように 育てるということですね 

 

母: 食パンが飛び出るような 小さなお皿にパンを置くことのないように・・・

私: ・・・・・・(ほぼ間違いなく パンの四隅が出るお皿を使っている) はい・・・・



おてしょの 使い方

お恥ずかしながら 

我が家はまるっきりできていません

普段使いのお皿は、食器を洗ったところからまた使う感じですもの

お皿もシンプルなのが好きなので

無地の白ばかり しかも洋皿ばかり

和皿は実家からもらったものがありますが 和食のときにたまに使う程度

あ~いかん!!!!

 



食器、5枚ずつ揃えて買わないといけませんね

 

日本は奇数を縁起よいということもありますから、5つなのでしょうかね

欧米では6枚というのが(ハーフダズン)ふつうかもしれません

 



いつか娘がフィアンセを連れてくるまでに

 

お皿、少しずつ揃えていこうかなと思いました 

高級なお皿じゃなくても良いのです

ナルミとか

国産のお皿でもね 素敵なのありますよね

これはミラノシリーズ

narumi.jpg 

お勧めのシリーズがあったら教えて下さいね♪

 

 



宝の持ちぐされ

 

ロンドンを去る前に なけなしのお金で買ったウェッジウッド ターコイズ

1wedgewood.jpeg 

3枚ずつしか買えなかったお皿

いつか残りの3枚も買おう

昔より今の方が安い気がしますもの

大人になったから?

 



あ、ダッチェスが咲いてました

 

1IMG_6535.JPG

 

オベリスクの アランティッチマーシュはまだ固い蕾

 

 

長い記事で失礼しました~汗

バラ、咲きまくっています~笑

UPはゆっくりいたします・・・