読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rosie Sweetie

2009年から屋上で育てているバラ、クレマ、クリロなど

たわわに

七夕です。天の川は見えるでしょうか。父の75歳の誕生日です。 プレゼントは先日のガゼボとバラなので、お祝いは済ませています(汗)

怪獣と公園に行ったら、短冊がたくさん下がっていました。しばらく眺めていたら、とても良い気分になりました。東北のみなさんがんばれ、というメッセージも多くみられましたよ。日本人のこの優しさ、忍耐力を誇りに思います。

tanabata.jpg 

※ 携帯画像のため、鮮明でなくてすみませぬ。大きな木から紐が吊るしてあって、そこにたくさん短冊が吊るしてあるんですよ。素敵。

 

さて・・・・ 

実は、今年初めて黒点になり、ホソオビ被害が一番ひどかった方は、アイスバーグでした。

ファーストローズだったアイスバーグが我が家にやってきた時は、数が数えられない程、フロリパンダの名のごとく咲き乱れていたのです。しかし、日向ではない場所がいけなかったか、ポツンとしか咲かなくなりました。屋上でお日様にたくさんあたって、多肥栽培と言われるので肥料をあげてみてもイマイチ。

でもね、この春ポツリと咲いた後に、少し深めに剪定したら、咲いたんですよ。初心者には、「シュート更新しないので、浅く剪定」と書かれると、ほぼ、しない、も同然になってしまうのです。「弱剪定」ぐらいにしてくれるといいのかもしれません。

前置き長いので、ここからは、アイスバーグをご覧下さい。中輪ですが、十分香ります。清楚な、いつ見てもかわいいバラ、そして、大事な大事なファーストローズです。

わたしの中では、いえ、我が家のルーフガーデンでは、稀少な「たわわに咲く」子になりました。

IMG_9227.JPG

 

IMG_9230.JPG

IMG_9170.JPG

立派なHTに見えますねぇ

IMG_9229.JPG

 

しゃくやく咲きみたいにもなります

IMG_9228.JPG

 

ふんわりっ

IMG_9232.JPG

 

咲き進むと、代表的なお顔になりますが、私はここにくるまでのプロセスの中のお顔が大好きです

IMG_9231.JPG

IMG_9238.JPG

 

 

あの・・・これ、ホソオビ被害ですよね?アンブリッジローズなのですが、穴が開いているのは理解できますが、なぜにこんなに飴色みたいになっているのでしょうか?気持ちが悪いので、カットしてポイッしました(涙)この症状をご存じでしたら、何なのか教えて下さいね m_ _m

IMG_9246.JPG

 

 

最後はきれいに・・・ ハイディ・クルムローズと白のルピナス。白ルピナス、この暑さに瀕死の状況・・・

IMG_8664.JPG