Rosie Sweetie

2009年から屋上で育てているバラ、クレマ、クリロなど

チャールズレニマッキントッシュ

f:id:ukbeat:20170530080450j:image

5月の一番花です

写真をどんどん記事に載せて、どんどんオリジナルは消しているのですが

 

記事を書いていたらとつぜん記事が真っ白

元の写真を探してももう消した後だった

(ノ´o`)ノ

 

残ったのはこのチャールズしかありませんでした

くぅ、つらい 

10号鉢に植わっているチャールズ

年々大きくなっているような

強健多花とは、このバラの事かと  

2番花の準備も着々と進んでいますよ 

 

追伸1

仕事が忙しくて、頭が休まってないのか、激疲れなのに眠れないし、少し寝ても起きてしまう。。あと少しで一大プロジェクトも終わるので、毎日リポD飲んで頑張るばい。

備忘録

オーソサイド消毒

HB101散布

スミチオン散布

 

ニゲラ 発芽

種まき 5月28日

 

f:id:ukbeat:20170618171401j:image

発芽しましたぁ!ニゲラも発芽しやすいのね。

 

f:id:ukbeat:20170618171438j:image

オルラヤも順調。

 

なのに、、、オダマキが、、、、発芽しない(?_?)

f:id:ukbeat:20170618171556j:image

ええ

ええええええ!?

覆土しなくていいとは、、、

知らなかったぁ、、、、、

まだ種まきしなおしました

6月18日 記録

 

アランティッチマーシュ

※5月初旬の一番花の様子です。

f:id:ukbeat:20170507131345j:image

f:id:ukbeat:20170528194904j:image

愛しのアランです。今年の蕾の数は、記録更新する程多いです。これからに期待。

と、ここまで書いて、他の蕾は綺麗には咲かず、、、。泣きそう。ピエール同様雨の仕業です。こちらも2番花に向けて調整していきます。HB-101潅水しました。

オベリスク、外そうかな。。、

ルージュピエールドゥロンサール

※5月初旬の写真です

f:id:ukbeat:20170507131108j:image

開く前に雨、、、

蕾がボロボロ落ちました

お顔は重たいまま、、、

ボーリング気味でも素敵なのでヨシです

ピエールは咲かずとも、ルージュは咲きました

バラ強い、うむ

f:id:ukbeat:20170515132717j:image

f:id:ukbeat:20170515132734j:image

ツルでもガンガン剪定するので目線で咲きます

f:id:ukbeat:20170515132759j:image

古い枝をノコギリで切りましたら、新しいシュート2本!やった♡

f:id:ukbeat:20170515132819j:image

お隣のコンサバ代表、ジェフハミルトンが支えてますね

ジェフの声: 重いわねぇ、、あなた小顔矯正されたら?  

って聞こえてきそう(*´艸`*)ウフ

 

 

種まき 今ごろ、、、

種を頂きました♡

 f:id:ukbeat:20170525230238j:image

うーんと、、、これは、、、今撒いても良いのかしら? と聞いたら大丈夫というので、頑張ってみました。

オルラヤは以前咲いていたのにいつの間にか何処かへ。

ニゲラとオダマキはnewcomerです。

上手く育てられるかしら かなり不安です(?_?)

 f:id:ukbeat:20170528104238j:image

記録 種まき 5月28日

ついに種まきおばさんになりました 笑

 

オダマキ ホワイトバロー(西洋オダマキ

八重咲きで小輪タイプのバロー系オダマキ
ヨーロッパからシベリアにかけて広く分布する。
白花特有の清楚さがあり、ほかの植物と組み合わせやすい。耐陰性があるので日向から半日陰まで幅広く適応する。性質は強く、育てやすい。
用途:シェードガーデン 切り花

【規格】4号鉢(直径12cmポット苗)
【学名】Aquilegia vulgaris plena ‘White Barlow'
(アキレギア ウルガリス プレナ ‘ホワイト バロー’)
【別名】西洋オダマキ 糸繰草(いとくりそう) おだまき
【科名】キンポウゲ科宿根草(耐寒性多年草)/冬期落葉種
【日照】日向~半日陰
【草丈】80cm
【花色】白
【花期】5~7月  ← ━Σ(゚Д゚|||)━

f:id:ukbeat:20170525230621j:image

あら!? 素敵過ぎた、、、八重咲きとは(๑°ㅁ°๑)‼✧

これは危ない予感。。

 

発芽!!

6月9日

オルラヤだけ、、、(°_°)

f:id:ukbeat:20170609072942j:image

 

 

ナエマ

f:id:ukbeat:20170516081859j:image

冬に深く剪定すると、目線で花が見られるのでそうしています。今年も咲いてくれましたが、こちらも元々うどん粉には弱いのでやはり薄い葉がクルリンしてしまいました。

f:id:ukbeat:20170516081819j:image

⬆️これは、夕陽の中だったかしら

f:id:ukbeat:20170516081918j:image

雨が降った後で汚れてしまいましたが、香りの良さと美しさは健在です。

f:id:ukbeat:20170528194221j:image

ナエマをぷっくり咲かせられたのはいつぶり?

f:id:ukbeat:20170528194328j:image

私にはナエマを咲かせるのはなかなか大変なので、今年は当たり年と言っても過言ではありません

f:id:ukbeat:20170528194406j:image

ナエマも雨の餌食になってしまったので、次回に期待。

 

2017.06.04

追肥、消毒、防虫散布

ピェールドゥロンサール 残念な年

f:id:ukbeat:20170507131127j:image

f:id:ukbeat:20170507131145j:image

f:id:ukbeat:20170507131153j:image

パシュミナの記事でお話ししましたが、今年は蕾が100個は越えたか?とと思う程好調な始まりでした。しかし、開花し始めたら雨が2日連続で降ったんです。その後見にいきましたら全ての花が下を向いていて水が足りないのかと思ったら、、、花に雨がたまっていて、ぜんぶ重くて下を向いていたんです。まだ開いていなかった蕾は、黄色くなりポロポロ床に落ちました。

パシュミナを可愛がり過ぎたからヤキモチでしょうか。液肥をあげて、再出発!してね。